鉄道博士のオススメ本 橘玲「人生は攻略できる」

皆さんは、作家の橘玲さんをご存知でしょうか?

鉄道博士は、彼の著作の大ファンです。橘玲さんには、いつも、鋭いアドバイスをもらっています。橘玲さんの講演を拝聴するため、慶應丸の内シティキャンパス夕学五十講で行われた講演会に参加したこともあります。

大学生など、若い人たちに、鉄道博士のお勧め本を訊かれることがあると、お勧めしているのは、「人生は攻略できる」という本です。Kindle版もあります(サンプルページだけなら無料で読めます)。
https://amzn.to/2UFeHig

橘玲さんは「 今人生ゲームの約束事が大きく変わりつつある」 と、 指摘しています。 皆さんも、上の世代の必勝法は、現在では全く通用しないことを、痛感されていらっしゃると思います。

この本は、彼の著作の中では、非常に平易な文体で書かれている本です。 小難しい話は一切出てきません。 鉄道博士の仕事を始めたのも、私がこの本に出会えたからです。 皆さんの未来は、この本を読んで、 書かれている内容を実践することで、明るいものになります。

もし未読であれば、ぜひ読んでみてくださいね。

橘玲さんの著作は最高のエンターテイメント❤️

投稿者プロフィール

鉄道博士 / Dr.Railway
鉄道博士 / Dr.Railway
生後2ヶ月より、鉄道を眺め始め、列車の音が、子守唄代わりになる。

3歳で、交通博物館(鉄道博物館の前身)のリピーターとなる。保育園に登園前の早朝から、最寄駅に年200回ペースで通い始める。

5歳で、鉄道に関するニュースが読みたい欲で、毎日、複数の新聞を読むようになる。小学校入学までには、ほとんどの漢字を読めるようになる。

小学校の入学祝いに「国鉄監修 交通公社の時刻表(現 JTB時刻表)」を買ってもらい、全ページ読破し、旅行の計画を立てるようになる。

10歳で、一眼レフでの鉄道写真撮影をスタート。学生時代は、鉄道の写真をひたすら撮る生活を送り、塾等も行かず、法政大学へ入学。

その後も、企業の取締役、海外との業務提携等の仕事をしながら、鉄道写真を撮り続け、鉄道誌に寄稿を続ける。

1949年以降の日本の車輌であれば、数百種類の車輌の解説が可能。
それぞれの特徴や魅力も含めて何でも楽しく解説する姿から”鉄道博士”と呼ばれるように。

親御さんへのメッセージは「鉄道は、最高の知育教材です!」
子ども達の「鉄道好き」のモチベーションを使って、自ら勉強する癖がつく秘訣等も提供もしている。