鉄道博士のおすすめVoicy 「Voice of ちきりん」

鉄道博士は、社会派ブロガーのちきりんさんの本が大好きで、彼女の著書を全部読んだことがあります。未読の方には、まず、「自分のアタマで考えよう――知識にだまされない思考の技術」から読まれることをおすすめします。
https://amzn.to/3ASDBv5

ちきりんさんは、2020年9月から、音声配信サービス「Voicy」で「Voice of ちきりん」という音声配信をされています。
Voice of ちきりん
「聴く読書」のようなものなので、YouTube「鉄道博士 / Dr.Railway」チャンネルの視聴者さまにも非常におすすめです。

そんじゃーね!

投稿者プロフィール

鉄道博士 / Dr.Railway
鉄道博士 / Dr.Railway
生後2ヶ月より、鉄道を眺め始め、列車の音が、子守唄代わりになる。

3歳で、交通博物館(鉄道博物館の前身)のリピーターとなる。保育園に登園前の早朝から、最寄駅に年200回ペースで通い始める。

5歳で、鉄道に関するニュースが読みたい欲で、毎日、複数の新聞を読むようになる。小学校入学までには、ほとんどの漢字を読めるようになる。

小学校の入学祝いに「国鉄監修 交通公社の時刻表(現 JTB時刻表)」を買ってもらい、全ページ読破し、旅行の計画を立てるようになる。

10歳で、一眼レフでの鉄道写真撮影をスタート。学生時代は、鉄道の写真をひたすら撮る生活を送り、塾等も行かず、法政大学へ入学。

その後も、企業の取締役、海外との業務提携等の仕事をしながら、鉄道写真を撮り続け、鉄道誌に寄稿を続ける。

1949年以降の日本の車輌であれば、数百種類の車輌の解説が可能。
それぞれの特徴や魅力も含めて何でも楽しく解説する姿から”鉄道博士”と呼ばれるように。

親御さんへのメッセージは「鉄道は、最高の知育教材です!」
子ども達の「鉄道好き」のモチベーションを使って、自ら勉強する癖がつく秘訣等も提供もしている。